盗聴器の調査で使う受信機・発見器の種類

盗聴器調査で使う受信機・機材の種類

盗聴器を発見するための機材として、もっとも有効なものがスペクトラムアナライザーといわれる機材です。

このスペクトラムアナライザーは業界内では「スペアナ」など略されて呼ばれることがあり、調査業者にとって盗聴器を発見するための機器としてもっとも信頼度が高い機材です。

しかし、このスペアナにも欠点があります。それは購入価格が高いということです。

機能面では大変信頼できる機器ということもあり、一番安く中古の機器でも数万円するものから、機能面が強化されているスペアナでは100万円以上する機種もあります。

一般の人はこのような業務ようのスペアナを購入するのは難しく、もっぱら小型でハンディ型の盗聴器発見器が使われることが多いのです。

この小型の盗聴器発見器の種類も価格も様々で、ネット通販で数千円から購入することが出来るものから、数万円のものまで価格帯の値幅が大きく、一番安いものを購入するべきか、それとも高い機器を購入するべきか悩むと思います。

自分で簡単に盗聴器を発見、調査しようと思えば価格が安く使用方法も簡単なものを購入するのもありですが、信頼度は低く、それでいて高価なものを購入すれば、調査業者へ依頼した場合の料金とそう変わらない金額になってしまうと、選ぶのも慎重になると思います。

発見器を選ぶときには、種類とそして使用頻度のことを考えて購入する機器の価格を決めるといいでしょう。

もしも数万円するもので調べたいという場合には、信頼できるだろう調査業者に依頼をすることも視野に入れて調べることを検討したほうがいいでしょう。