盗聴調査を自分で行う場合と業者へ依頼する場合

自分で調査?業者に依頼?

盗聴器発見器をインターネットで探してみると、とても手頃な値段からかなり高価なものまで幅広い価格で存在します。

「これくらいなら。」と盗聴の不安を感じている人ならすぐに買いたくなる数千円と手頃な値段の盗聴器発見器もあり、逆に高いものだと五万円以上の機材知識の少し必要な高機能なものもあります。

実際に調査に使おうと考えた場合、数千円のものであれば誰にでも取り扱いが簡単なように作られていますが、信頼度には疑問符をつけざるおえません。

一万円以上の盗聴器発見器であれば、電波を拾う感度もよく、上手に使える知識があれば、ある程度の結果は出せそうです。実際、数万円程度のレシーバー型の盗聴器発見器は、業者でも使用されている場合があります。

しかし、盗聴器の種類によっては、専門性の高い盗聴器発見機材でなければ発見できないステルス型やスクランブル型などが存在します。

機材知識が豊富で自身で機材を買い揃え、盗聴器発見調査をマメにするのであれば、購入した方がいいのかもしれませんが、機材に疎い、専門性の高い盗聴器まで調査を行いたいと考えるのであれば、業者に依頼する方が結果的に安くつきそうです。