盗聴器発見器の機材を使った調査の概要

盗聴器発見器での調査

電波 日々の生活の中で感じる、盗聴の不安。その不安を解消するために「盗聴器を発見をしたい。」と考えた時、あなたならどんな行動をとりますか?

1.自分で盗聴器の発見器を購入して調査する。
2.専門の盗聴器発見業者に依頼して調査する。
3.無線をしているなど、電波関係・電波機器関係に強い友達や知り合いにチェックしてもらう。

実際のところ、人を家の中に入れることも怖いし、自分で盗聴器発見気を購入して、調査をしたいと考える人は少なくないはずです。とはいえ、機械知識が乏しければ、自分で盗聴器発見器を買って調査するのは、本当に盗聴器を発見するための受信機の能力を最大限に生かして、調査を行えているのか不安が残ります。

2.の専門の盗聴器発見業者に依頼して調査を行う場合でも、どの程度盗聴器発見器に力を入れているのかや調査を行う人間が、どの程度盗聴器の発見器の知識を持って調査を行っているかにより、盗聴器を発見する精度は異なってくるようです。

3.電波関係、電波機器関係に強い友達がいれば、こんなに心強いことはありません。盗聴器を発見できる機材を持っている場合もありますし、ちょっとした調査なら出来るのではないでしょうか。

しかし盗聴器は日々進化し、特定の発見機材でしか発見できないものなどもあります。そう考えるとやはり業者に依頼するのが一番得策なのかもしれません。


盗聴発見業者の実態

盗聴器発見業者と一口に言いますがこれにもいくつかの種類があります。
盗聴器発見以外にもセキュリティ業務を行う業者、興信所や探偵事務所という調査業者、それ以外だと街の何でも屋といった業種でも盗聴器発見業務を請け負っていたりします。

この業者の中でどこを選ぶべきか悩むと思いますが、まず一番に考えないといけないのは、業者が所持する盗聴器を発見するための機器の性能を把握することです。

業者ごとに所持している盗聴器を発見するための受信機には違いがあります。1台が数百万円する高性能機材を使って調査をしてくれるところもあれば、ほどほどの性能しかない機器で簡単な調査しか出来ない業者もあります。

そして、これらの業者の中には、機器の性能を知らない依頼者を狙って、適当な調査しかせず、調査料金を騙し取る悪質な業者の存在があり、年間に数十件単位、多いと数百件単位で被害の報告がだされています。

こうした悪質な業者にだまされてしまわないようにするため、また、優良な業者を探すためには、盗聴器発見業者について知識を持っておく必要があります。


最近の盗聴被害などの情勢

近年、誰にでも盗聴器によって生活が脅かされることが起こりうるんだと世の中に浸透してきました。

盗聴の不安は賃貸物件だけでなく、中古戸建てやマンション、新築の物件にまで設置されるかもしれない不安があります。

ではどうすれば盗聴器発見器に力を入れている業者なのかや、機材知識を持っているかを見極めることができるのでしょうか。

このサイトでは、盗聴器発見器と調査の関係や、個人で調査を行う場合どのような盗聴器の発見器を選べばよいのかアドバイスを掲載します。盗聴調査を考える時の参考情報としてお読みください。